飲み方や飲み忘れ | 避妊対策をする際に体への負担を減らすなら低用量ピル

避妊対策をする際に体への負担を減らすなら低用量ピル

飲み方や飲み忘れ

「飲み方や飲み忘れ」のイメージです。

確実に避妊する方法として人気のある医薬品が、低用量ピルです。低用量ピルは、生理周期の安定化や不正出血の防止などのメリットもあり、多くの女性が服用しています。低用量ピルの中でも、トリキュラーという医薬品は特に人気があります。低用量ピルを飲む際には、大体生理周期に合わせて服用をするのがほとんどです。生理が始まった日に初めて飲む1錠を合わせることで、スタートします。21日間ピルを飲み続け、7日間休息をとるのが基本的な低用量ピルの服用の流れです。次の生理が始まるとまた、新しいシートのものを飲み始めるというのが、基本的な流れなのですが、低用量ピルは飲み忘れると効果が無くなります。しかし、7日間も休息の時間があるとピルの服用を忘れてしまう女性も多く、休息の7日間も、成分の入っていない薬、プラセボ錠剤を服用する28タイプのピルが発売されるようになりました。低用量ピルを初めて服用する際や、忘れてしまいがちな女性は28タイプの低用量ピルを服用するといいでしょう。
低用量ピルは、基本的に毎日同じ時間帯に服用し続けるようになっています。しかし、毎日同じ時間に飲むのは難しいですよね。用事が重なっていたりすると飲む時間を忘れていたり、飲む暇が無かったりします。仮に、同じ時間帯に飲めなかったとしても、いつも服用している時間から24時間以内であれば、すぐに思い出した時に1錠服用しましょう。次回の服用は、いつも通りの時間に服用して大丈夫なので、問題はありません。もし、24時間以上たってしまっていたら、服用を中止し、次回の生理が開始される日まで服用はせず、新しいシートから再開するようにしましょう。低用量ピルで、確実に避妊したい女性は、最大限に効果が得られる生理中は毎日忘れず飲み続けるようにしなくてはいけません。少し面倒くさいですが、ほぼ100%の確率で避妊できるので、オススメです。