メカニズムと副作用… | 避妊対策をする際に体への負担を減らすなら低用量ピル

避妊対策をする際に体への負担を減らすなら低用量ピル

メカニズムと副作用…

「メカニズムと副作用…」のイメージです。

コンドームを着用していても、完全に避妊できるというわけではなく、妊娠してしまう可能性がある場合には、アフタ―ピルを服用することになります。しかし、アフターピルの正体が何なのか分からずに容易に服用している女性も多いのではないでしょうか。アフタ―ピルを服用したからと言って、不妊症になってしまったり、妊娠後に胎児に悪影響を及ぼすことはありませんが、自然の流れに逆らっているのでいい効果ばかりではありません。容易に使用していて、急に副作用を引き起こす可能性もあります。しっかりとアフタ―ピルについて理解をしておきましょう。まず、アフターピルは女性ホルモンを多く注入し、子宮内膜を強制的に剥がすことで受精卵の着床を防ぎます。受精卵が着床した後にアフタ―ピルを飲んでも意味が無いので、着床する前に服用する必要があります。そのため、性行為をした直後や12時間以内に服用するのが理想と言われています。遅ければ遅いほど効果が無いので、早めに服用することを心掛けましょう。アフタ―ピルにも新種と旧種の2種類があり、1回服用するものと2回服用するものがあります。アフタ―ピルを飲んでも確実に避妊ができるわけではないので、成功したと確証するまでは安心しないでください。
アフタ―ピルを服用すると体内の女性ホルモンが多くなり、副作用を引き起こす可能性があります。副作用として多くの女性に見られる症状は、吐き気です。吐き気は、実際に吐いてしまったほうがラクだと思いますし、吐き出したい気分になりますが、嘔吐してしまうとせっかく服用した成分が全て外へ出てしまうので、効果が無くなってしまいます。そのため、あまりにも強い症状が出た場合には、医師に相談をして吐き気止めなどの医薬品を一緒に飲むようにしましょう。