成功か失敗か | 避妊対策をする際に体への負担を減らすなら低用量ピル

避妊対策をする際に体への負担を減らすなら低用量ピル

成功か失敗か

「成功か失敗か」のイメージです。

アフタ―ピルは緊急避妊薬として服用しますが、避妊成功率は80%と言われています。確実に避妊できるわけではありませんが、何もしないよりは避妊できる可能性が高いです。アフターピルを性行為の直後に服用した場合、最も効果が高いと言われており、服用をしてから大体3週間以内に生理と似たような出血が確認できれば、避妊に成功したと考えていいでしょう。出血の量には、個人差があります。多い女性もいれば、少量しか出ない女性もいます。3週間以上経っても出血が見られない場合や、少量すぎる場合には、避妊できていない可能性もありので、病院へ行くか妊娠検査薬を利用しましょう。アフターピルは、緊急用なので絶対ではないですが、元から確実に避妊したいと考えている女性は、アフターピルではなく、低用量ピルの服用をオススメします。低用量ピルは、毎日飲み続けることで妊娠できないカラダを作っていきます。そのため、毎日服用しなければいけませんし、飲む順番や時間が決まっている医薬品もあり、とても面倒くさいですが確実に避妊することはできます。ただ、低用量ピルは飲み忘れてしまうと効果が無くなってしまうため、飲み忘れだけには注意しなくてはいけません。確実に避妊するためには、医師の指示に従い、しっかり服用することが大切です。低用量ピルを服用すると、避妊効果だけではなく、がん予防や生理周期を安定化させる働きもあるので、避妊目的ではなく生理周期を安定化させるのが目的で服用をしている女性もとても多いです。アフターピルのように体への負担も少なく、副作用なども引き起こしにくいので、安心して服用できる医薬品となっています。妊娠がまだ早いと思っている女性や生理の周期がバラバラで困っているという女性は、低用量ピルの服用を考えてみてもいいかもしれません。服用をやめると妊娠できる体に戻るので、いつでも妊娠できる体に戻すことは可能です。